炭水化物を夜だけ抜いても痩せれる?ダイエットに成功した経験を書きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケーキや丼、揚げ物などの高カロリー食品やいわゆる炭水化物でも、割と好きなものを食べて痩せることができます。ただしそれらを食べる時間を朝ご飯と昼ごはんに限定することが原則のダイエットです。ちょっと頑張るのは夜ご飯だけ!夜ご飯はサラダやたんぱく質(できるだけ納豆や豆腐、お魚が好ましい)を摂取し、炭水化物をできる限り食べないという、プチ頑張りダイエットになります。朝ご飯・昼ご飯はどか食いさえしなければ炭水化物OKで、緩やかですが確実に痩せることができます。

また、私は夜寝る前にカロバイプラスというサプリを飲みました。カロバイプラスには昼用と夜用の二つがありますが、私は夜用だけを飲みました。カロバイプラスの夜用は寝る30分前くらいに飲んで寝るだけです。

カロバイプラス夜用はパーフェクトコースでしか買えないので昼用と夜用のセットでしか買うことができないのですが、昼用は私の体には合わないなと思いました。

夜用のカロバイプラスは体の新陳代謝を上げるような成分が豊富に入っているそうです。これによって炭水化物を抜いたことがさらに効果的になったのかなと感じています。ぜひ試してみてください。

好きな食べ物を我慢せず、確実に痩せられます!

太っている人はやっぱり炭水化物が好き!という方が多いと思うので、炭水化物を一切抜くダイエットはおそらく続かないと思うのですが、このダイエットは夜だけ炭水化物を抜くだけで日中であれば、ある程度なら食べてもOKなので本人の精神的負担にもなりにくく、また夜ご飯を抜くわけではなく野菜やたんぱく質であれば食べることができるダイエットなので、お腹を満たすために必然的に炭水化物以外の食材を食べることになるため、1日トータルでみた時の食事バランスも良くなり健康的に痩せることができます。無理なく食事制限を行うため、短期ではなく1週間・1か月単位という長いスパーンで継続していくことができると思われるので、緩やかな体重減少が期待でき結果的にリバウンドもしにくくなります。

朝になれば何でも食べれるダイエットは継続しやすい!

元々私自身が炭水化物大好き人間だったため、朝からカツ丼や唐揚げご飯という高カロリーな食事が摂れ、昼や夜もほぼ炭水化物しか摂取していないような食生活を送っていました。
しかし、ある時流行性の胃腸炎にかかってしまい普段ではまずあり得ないような食欲の低下を受け、3日で4㎏ほど体重が減少したことがありました。これに気をよくした私は、胃腸炎が治った後もこの4㎏の減少をなんとか維持できないか?と考え、まだ治りきっていない胃腸に炭水化物のパレードは負荷がかかるであろうと思い立ったことがきっかけでした。後に私はこれを周囲に「胃腸炎ダイエット」と豪語するようになりました。
元々私は上記のように朝からハイカロリーな食事を摂ることができる体質であったため、夜ご飯を我慢しても「朝になれば〇〇(←カツ丼とか親子丼など)が食べられる!」とモチベーションを下げることなくダイエットを行えたのが成功要因の一つだと思います。

朝からモリモリ食べれる方に向いたダイエットです!

このダイエットは、朝食で高カロリーな食事を摂ることができる体質の方が圧倒的に向いています。
朝ご飯は忙しくて食べない、朝は小食気味…という方は、私のようにモチベーションが上がることは少ないかもしれないので、残念ながら成功しにくいかもしれません。
ただし、このダイエットをして私は半年で60㎏から48㎏まで痩せることができました。その後妊娠・出産などの体重管理の難しい時期も経ましたが、産後2年経った今もこの体重を維持しています。このダイエットを行っていると、少しずつではありますが確実に体重が落ちてきます。その時がチャンスです。そこで自分に「このまま続ければもう少し痩せるかも?」と言い聞かせるのです。実際、この食事方法を続けていれば個人差はあるかもしれませんが確実にある程度の体重減少は望めます。停滞期もあるかもしれませんが、めげずに毎日夜ご飯だけちょっとだけ我慢してみてください。人生変わります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA